私が理想の自分と出会うまで。〜衝撃の1日〜

理想の自分になる方法。

私が理想の自分と出会うまで。~衝撃の1日~


川手美紗です。

私自身の経験を少し紹介しますね。

私が「理想の自分になりたい」と思った1番の出来事は、ある1人の女性起業家との出会いでした。

そのとき私は、24歳で社会人一年目。

いわゆる「社会の壁」にぶつかってました。

 

学生の時に付き合ってた彼が、

いつもものすごく楽しそうに仕事をしていたから、

「社会人って楽しそう!!」

って本気で思ってた・・・

 

けど、現実はそんな甘くなくて。

 

配属が東京になってしまって、

大好きな友達と、大好きな彼と、大好きな街と、離れる事になった。

 

土日が楽しみなはずの社会人になっても、

土日は全然楽しみじゃなかった・・・笑

(だって遊ぶ人いなかったから)

 

過去のトラウマもあって、

満員電車に長時間乗れなくて、

たった10分の電車に乗る事もしんどかった。

「満員電車に乗る」たったそれだけのことが出来ない自分が、本当に情けなくて、悔しかった。

 

こうやって振り返ると、本当にたくましくなったとつくづく思います笑

 

「関西に帰りたい」

何度もそう言って、毎月のように関西に帰ってたなあ。

 

会社の人達はみんな優しかったし、仲も良かったから、そこが唯一の救いだった。

 

2ヶ月半の研修が終わり、本配属が決まったときが、もしかしたら一番きつかったかもしれない。

 

「人と関わりたい!人と会社に笑顔をつくれる人になりたい」と言って、

就職した人材派遣の会社。

 

なのに、配属先は「企画職」だった・・・

 

えええええええええええええ!!!!!!!

 

ってびっくりして、思わず泣いた笑

今考えると相当恥ずかしいけど、それぐらい嫌だった。

 

後から、会社の裏事情?みたいなことも知り、

「世の中は本当に理不尽だ!!」

と生意気に思ってた笑

 

 

でも、この配属がなかったら、きっと仕事に疑問を持つ事もなかっただろうし、

「起業」なんて思ってもみなかったと思うから、

人生って本当に、

起こった出来事に対して、自分がどう解釈するかだけだなって

今は思う。

 

 

「人」と関わるつもりだったのに、「パソコン」とばかり関わる毎日。

花形である部署にいても、仕事はちっっとも楽しくない。

上司が優しくて仕事が出来て、大好きだったから、なんとか頑張れてた。

 

でも日に日に、募る想い。

 

「私の居場所はここにはない・・・」

「私の人生、こんなはずじゃない・・・」

 

同期のみんなは売上目標を掲げて頑張っていたのに、

私はたった半年後の目標ですら、書けなかった笑

 

そのときは、環境のせいばかりにしていて、

転職すれば、状況は変わるだろう

とか

いっその事関西に帰ろうかな

とかばかり思ってて。

「悲劇のヒロイン」だと錯覚していたと思う笑

(かなりイタい)

 

転職サイトでいろんな企業を見ても、イマイチピンと来なくて。

だって、希望の業界に入っても、希望の職種につけなきゃ意味ないじゃん。

 

「毎日楽しくてたまらない!!!」

そんな人生を送りたい。

でも、何をどうしたらいいのかさっぱり分からなかった。

 

そんな時に出逢ったのが、福井美由起さん。

 

彼女のブログを読んで、こんな人がいるんだ!!って衝撃だった。

 

ブログを読みあさっていると(ネットストーカーみたい笑)、

セミナーをするって告知が書いてあって、

セミナーとか行った事ないし、

土地勘もないし、

顔見知りでもないけど、

「行かなきゃ後悔する!」

って自信だけはあって。

 

思い切ってセミナーに参加した。

 

セミナーで学ぶ事じゃなくて、

美由起さんと出逢うことが目的っていう超不純な動機だったけど、

このセミナーが私の人生を変えるきっかけとなった。

 

『雇われない生き方』

という生き方を初めて知った日。

 

身の回りに起業家はいなかったし、

起業家や経営者なんて、ほど遠い存在だったけど、

「私も、あんな生き方がしたい!」

って心の底から思ったの。

 

ああ、私の居場所は探さなくて良いんだ。

居場所は自分でつくれば良い。

 

会社や誰かに

「私のこと、幸せにしてください」

って依存する生き方じゃなくて、

「私のことは、私が幸せにする」

そんな生き方をしようと決意した日。

 

この日から、

理想の自分になるためにあらゆる事を始めたのです・・・

 

 

つづく


♦ご提供中のサービスメニューはこちら♦

①個別コーチングセッション

②「理想の自分になる5つの方法」セミナー

③お問い合わせ先 62miisa@gmail.com

 

3 thoughts on “私が理想の自分と出会うまで。〜衝撃の1日〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です